ハネムーン

バリ島は直行便が便利!!ガルーダ・インドネシア航空搭乗レポート

ガルーダ・インドネシア航空

2019年5月、3泊5日で新婚旅行へ行ってきました。

行き先はバリ島。

バリ島へ行くには乗り継ぎ便を使った方が安いのですが、今回の旅行は初めての海外旅行なことに加えて完全個人手配。

乗り継ぎ便を使うことは不安だったため、唯一の直行便であるガルーダ・インドネシア航空を利用しました。

この記事では私が実際に搭乗したGA880便・GA881便【成田空港-デンパサール空港(ングラ・ライ国際空港)】をレポートします。

ガルーダ・インドネシア航空とは

ガルーダ・インドネシア航空は、ジャカルタに本社を置くインドネシアのフルサービスエアラインです。

安心の5スターエアライン

インドネシアの飛行機は墜落事故が多いイメージがありましたが、調べてみるとガルーダ・インドネシア航空は世界でもトップクラスの航空会社でした。

SKYTRAX(スカイトラックス)から4年連続で最高評価である5スターを獲得しています。

SKYTRAX(スカイトラックス)とは
世界に300社以上ある航空会社の品質評価をしているイギリスの航空サービスリサーチ会社。

2019年5月現在、最高評価の5スターを獲得しているのは10社。

全日本空輸 (ANA)
アシアナ航空 (AAR)
キャセイパシフィック航空 (CPA)
エバー航空 (EVA)
ガルーダ・インドネシア航空 (GIA)
海南航空 (CHH)
日本航空 (JAL)
ルフトハンザドイツ航空 (DLH)
カタール航空 (QTR)
シンガポール航空 (SIA)

また、全世界で最も優れた航空会社に送られるWorld Airline Awards(ワールド・エアライン・アワード)では、2018年に第9位を獲得。

客室乗務員部門でも第1位を獲得しています。

日本からバリ島への唯一の直行便

日本からバリ島への直行便はガルーダ・インドネシア航空のみ。

成田空港と関西空港から毎日運航しています。

2019年夏期スケジュール(2019年10月26日搭乗まで)
成田→バリ島(GA881)11:00 – 17:20
バリ島→成田(GA880)00:45 – 08:50
関空→バリ島(GA883)10:50 – 16:45
バリ島→関空(GA882)00:25 – 08:30

飛行時間は7時間弱。

往路は午前中に出発して夕方には到着しますが、復路は深夜に出発して翌朝の到着になるため機中泊となります。

スポンサーリンク

搭乗まで

成田エクスプレスで成田空港へ

夫は前日の夜中まで仕事だったため、今回は始発電車で行くことにしました。

私たち夫婦は神奈川県在住のため、スカイライナーよりも成田エクスプレスの方が便利。

ゆうこ
ゆうこ
成田エクスプレスで行く際はえきねっとのチケットレスサービスがおすすめ!!
200円引きになる上に紙の切符を受け取ることなく乗車できますよ♡

チェックイン

第1ターミナル北ウイングへ。
成田空港第1ターミナル北ウイング
事前に配送してあるキャリーを受け取り、4階のAカウンターで搭乗手続き。

エコノミークラスでは、預け入れ荷物は46kgまで無料です。

IASS Executive Lounge 1

搭乗するまでの待ち時間は5階にあるIASS Executive Lounge 1へ。
IASS
ビールは1杯のみ無料・ソフトドリンクは飲み放題ですが、食べ物は柿の種のみです。

搭乗レポート

私が搭乗したのはGA880・GA881便のエコノミークラス。

日本発着便には日本人客室乗務員が搭乗しているので、困ったことがあっても日本語が通じます。

客室設備

機体はボーイングB777-300ER

座席にはブランケットとクッションが用意されており、タッチパネル式のパーソナルモニターも付いています。

足元も窮屈感はなく、フットレスト有。

1列に9席、3-3-3の配置です。

搭乗後にペットボトルのお水とアメニティポーチが配られました。
ガルーダアメニティ
フローレス諸島が描かれたポーチの中身は、耳栓・アイマスク・靴下でした。

機内食

軽食のミックスナッツとファーストドリンクの提供。

ドリンクはビンタンビールやグァバジュースがいただけるので、飛行機の中からインドネシアを感じられます。
ナッツとビール
ビンタンビールは初めて飲みましたが、苦みは少なくフルーティーな味。

ビールが苦手な方でも飲みやすいと思います。

往路

インドネシア食と和食から選べます。
往路日本食
インドネシア食は既になくなっており、和食をいただきました。

ゆうこ
ゆうこ
機内食ですのであまり期待していませんでしたが、一口食べて絶句。
私の口には合いませんでした。
インドネシア食が先になくなったことも納得です。

現地到着の1時間ほど前にアイスのサービスもありました。
アイス

復路

和食と洋食から選べます。
復路洋食
往路で懲りていたため洋食をチョイス。

この後クロワッサンも配られました。

復路の機内食提供は到着の2時間程前。
出発前に夕食を済ませておくことをおすすめします。

Wi-Fiは有料で利用可能

Wi-Fiは利用時間制で、下記料金を支払うことで利用が可能です。

1時間11.95米ドル
3時間16.95米ドル
24時間21.95米ドル
20MB
※EメールのテキストメッセージやSNSのチャットのみ
5米ドル

さいごに

日本からバリ島への直行便はガルーダ・インドネシア航空のみ。

1日1便しか運航していないので出発時間を選べないですが、一度乗ってしまえば目的地へ到着という点は、やはり体力的にも精神的にも楽です。

飛行も安定しており、飛行機が苦手な私でも安心して乗ることができました。

バリ島へ行く際はガルーダ・インドネシア航空で快適な空の旅をお楽しみください。