妊娠・出産

妊娠中に温泉旅行をした私の体験談。持ち物リストも公開します

妊娠中に温泉旅行をした私の体験談

マタ旅と呼ばれ、その危険性から意見が賛否両論分かれる妊娠中の旅行。

我が家も妊娠前に計画を立てていた国内旅行は、全てキャンセルすることに…。

知っておきたいマタ旅の危険性
妊娠中に旅行しても良いの?知っておきたいマタニティ旅行の危険性妊娠中に旅行をするマタニティ旅行。 略してマタ旅と呼ばれ、大きなお腹に手を当てて旅行中の楽しそうな写真をあげている方を数年前からS...

しかし、私は経過が順調で主治医の許可もおりていたため、安定期には近場の温泉でのんびり過ごす小旅行ができました♪

この記事ではそんな私の体験談をお届けします。

私の旅行当日の持ち物リストも紹介していますので、これからマタ旅を検討している方の参考になれば幸いです。

この記事はマタニティ旅行を推奨するものではありません。
必ず主治医と相談してから出かけるようにしてくださいね。

私のマタ旅レポート

私は主治医の許可が出たので安定期の間に1泊2日ののんびりマタ旅を楽しみました♪

温泉が大好きな私が選んだのはもちろん温泉!!

行先はいつも通っている病院から2時間以内の日帰り可能な近場ばかりです。

宿泊記

夫の上司からは「妊婦さんが温泉に入ったらだめだよ!」と叱られましたが、調べたところ2014年に禁忌対象からは外されているので大丈夫とのこと。

主治医からも温泉に行くことに関して、何も注意を受けませんでした。

とは言え、妊娠中の肌は通常時に比べて敏感になっているので、刺激の強い泉質は避けましょう。

ゆうこ
ゆうこ
近すぎて宿泊を考えたことがなかった温泉地も選んだので、近場にこんな素敵なお宿があるなんて!と新しい発見も♡

一般的に安定期は27週までと言われていますが、妊娠後期に近づくほど自分の身体には負担がかかるもの。

妊婦健診の間隔が4週間に1回から2週間に1回に変わる、24週以降は旅行計画を立てないように注意しました。

スポンサーリンク

旅行当日の持ち物

心配だからと言って、あれもこれもと持っていくと荷物は増えていく一方。

実際に私が旅行当日に持って行った、最低限の必需品をまとめました。

あったら便利だろうなと感じたものとあわせて紹介しますね。

必需品

着替えとは別に、実際に私が持って行ったものです。

  • 母子手帳
  • 診察券
  • 保険証
  • エチケット袋
  • 体温調整しやすいもの

以上の5点は必ず持っていきましょう。

母子手帳

妊娠中であることを伝えるためにも、母子手帳は必ず持って行ってください。

必ず緊急連絡先の欄を記入しておきましょう。

私のかかりつけの病院では血液検査の結果を母子手帳に貼付してもらえますが、恐らくこれはサービスでやってくださっていることだと思います。

かかりつけ以外の病院に搬送された場合のことを考えて、事前に検査結果のコピーを母子手帳に挟んでおくことをおすすめします。

診察券

旅行中に体調を崩し、かかりつけの病院へ向かう可能性があります。

スムーズに診察を受けられるよう、普段妊婦健診を受けている病院の診察券は持ち歩くようにしておきましょう。

万が一現地の病院で診察を受けることになったとしても、これまでの妊婦健診の経過を問い合わせてもらう際に役立ちます。

保険証

妊娠・出産に関しての費用は健康保険を使うことはできませんが、旅行中に転ぶなどして怪我をする可能性も。

診察はしてもらえると思いますが、その際の医療費は保険証を持っていなければ全額自己負担となります。

後日、健康保険証を持って窓口へ行けば差額は返金してもらえますが、わざわざ旅行先の病院の窓口まで行くのは時間もお金もかかりますよね。

私は旅行時にいつも持ち歩くようにしていますが、持ち歩いていない方は念のために持っていくようにしましょう。

エチケット袋

普段はあまり乗り物酔いをしない方でも、妊娠中は体調が悪くなることも…。

荷物になるものではないので、鞄に数枚入れておくようにしましょう。

とにかく中身が見えない袋なら何でもOKなので、ポリ袋に中が見えないように紙袋を被せた、簡単なもので大丈夫。

その他にも濡れてしまったものを入れたり、ゴミ袋代わりに使用したりと何かと重宝します。

体温調節しやすいもの

妊娠中はホルモンバランスの影響で体が冷えやすくなるのだとか。

旅館やホテル、移動中の車内などの冷房で体を冷やさないよう、ブランケット、靴下、カーディガンなどの体温調節しやすいものは必須です。

私の場合、旅行した時期が冬だったので少し厚手のストールを持っていきました。

荷物が減らせるし、ブランケット代わりにもなるので1枚持っておくと便利ですよ!!

その他、自己判断で市販薬を飲むことはできないので、処方されている薬がある場合は少し多めに持っていくようにしましょう。

あると便利なもの

2時間以内の近場だからと、私が持って行かずに後悔したもの。

  • ボディクリーム
  • 着圧ソックス

旅行はこれからというあなたは、是非持ち物リストに加えてくださいね。

ボディクリーム

妊娠中は肌が敏感になっているためか、乾燥しやすかったように感じました。

普段使っているボディークリームを持っていくことをおすすめします。

1泊の旅行なら、使う分だけサランラップで包んで持っていくと◎

使い終わったら捨てられるので、ボトルで持っていくよりも荷物を減らせますよ♪

着圧ソックス

移動中は休憩をこまめに取るようにしましたが、とにかく足が浮腫みやすくて移動中は辛かったです。

就寝時に履いておくだけでもかなり楽になるので、持って行くことをおすすめします。

実際にマタ旅をしてみて

何かと不安なことも多い妊娠中ですが、私が安心してマタ旅を楽しむことができたのは、きちんと主治医に相談し、注意点を守ったからこそ。

マタ旅の注意点
【マタ旅準備】妊娠中の旅行を安心して楽しむための注意点実際にマタ旅をした私が、妊娠中の旅行を安心して楽しむための注意点をまとめました。旅行計画を立てる際にご活用ください。...

いくつか楽しみにしていた予定を諦め、近場での旅行となってしまいましたが、とても楽しい旅行となりました。

ゆうこ
ゆうこ
やはりお腹の赤ちゃんと母親の命が最優先ですね!

主治医の許可をもらい、計画時から楽しみにしていた旅行。

しばらく行けないであろう夫婦2人きりでの旅行ですし、キャンセルせざるを得ないとなるといつもの旅行以上に残念な気持ちになってしまいますよね…。

直近のキャンセルともなれば、当然キャンセル料だってかかります。

しかし、キャンセル料で旅行代金を全額取られようとも、お腹の赤ちゃんと母親の命には代えられません。

体調が少しでも悪い場合は絶対に無理はせず、すぐにキャンセルすること。

主治医に相談しながら、上手にリフレッシュしてきてくださいね!!