家計管理

東急線ユーザーなら必携のおすすめクレジットカード『東急カード』

東急線沿線居住者の3人に1人が持っているとも言われている東急カード。

東急線沿線在住の私もそのうちの1人で、現在『TOKYU CARD ClubQ JMB PASMO』というカードを利用しています。

クレジットカード・PASMO・定期券・JALマイレージバンクの機能が1枚に集約されており、基本的にこのカード1枚だけで外出しています。

今日は常時1%の還元率でメインカードとして利用することが可能な交通系クレジットカード『東急カード』を紹介します。

東急カードの魅力はポイントの貯めやすさと使いやすさ

Web明細サービスへの登録で常時1%のポイント還元

基本的には200円で1ポイント加算されるので、還元率は0.5%です。

しかし、ご利用料金明細Webに登録するだけで200円で2ポイント加算されるようになり、還元率が1%まで引き上げられます。

カード発行後最初に登録作業だけしておけば、常時1%還元になるので手間もかかりません。

電車とバスで貯まるTOKYU POINT

ゆうこ
ゆうこ
電車とバスで貯まるTOKYU POINTに登録すると、定期券の購入やオートチャージでのポイント還元率が1%になります。

忘れずに登録しましょう!!

定期券の購入

会社員なので通勤には電車の定期券を購入しています。

定期券購入時は1か月で購入するよりも、6か月で購入した方がかなり安くなります。

私の区間でも年間20,000円程の差があります。

東急電鉄では「東急線いちねん定期」という有効期間が12ヶ月の定期券が販売され、東急カードで購入すると3%のポイントが貯まります。

他社路線への乗り換えがある場合、「東急線いちねん定期」の購入はできません。

オートチャージ

PASMO付帯の東急カードなら、オートチャージが可能です。

オートチャージとは、PASMOの残額が少なくなると改札を通る際に自動的にチャージされる機能です。

金額は自分で設定することができるので、私は残額が1,000円未満になった時に3,000円チャージされるように設定しています。

乗ってタッチTOKYUポイント

東急線・東急バスで運賃を払って下車した日は、東急百貨店などに設置してある端末にタッチするとTOKYU POINTが1日10ポイント貯まります。

東急系列では最大10%還元

東急百貨店3%~10%
※年間購入金額によって変動あり
二子玉川ライズ S.C.ご利用金額(税込)の3%
東急ストア・プレッセ200円(税抜)につき3ポイント
※年間購入金額によってボーナスポイント有
渋谷ヒカリエ100円(税込)につき2ポイント
東急プラザ100円(税込)につき3ポイント

東急百貨店でのお買い物は食料品やセール品は1%でのポイント還元になるのでご注意ください。

ポイントの使いやすさ

TOKYU POINT加盟店で1ポイント1円として利用できるので、ポイントを使い忘れる心配がありません。

また、貯まったポイントは10ポイント単位でPASMOにチャージすることも可能です。

スポンサーリンク

デメリット

2年目から年会費がかかる

初年度は無料ですが、2年目からは1,000円の年会費がかかります。

私の場合、定期券の購入だけで年会費分を回収することができるので、デメリットには感じていません。

JCBが選べない

国際ブランドはVISAかMasterからしか選べません。

どうしてもJCBが良いという方にはデメリットです。

ゴールドカードにPASMOが付帯しない

空港ラウンジが利用できたり、旅行保険が充実した年会費6,000円のゴールドカードが存在します。

しかし、PASMO一体型の取り扱いはありません。

PASMO一体型が欲しい方にはデメリットですが、紛失時にも安心というメリットでもあります。

東急カードの選び方

PASMOの有無、国際ブランドの違い、提携カード。

東急カードはとても種類が多いですが、迷ったらTOKYU CARD ClubQ JMB PASMOを選べば間違いありません。

国際ブランドの選び方

VISA

VISAブランドなら楽天Edyへのチャージが可能です。

Master

コンフォートメンバーズ機能を付けたい方はMasterカード一択となります。

コンフォートメンバーズになると

  1. 宿泊料金が最大50%オフ
  2. チェックアウトを12:00まで延長可能
  3. 全国の東急ホテルズを利用するごとにコンフォートメンバーズポイントが貯まる

クレジットカードを持っているだけで提携ホテルをお得に利用できます。

国際ブランドにこだわりのない方には、コンフォートメンバーズ機能がついたMasterカードをおすすめします。

提携カード

東急カードを利用する前に利用していた提携カードを紹介します。

スーパーICカード TOKYU POINT PASMO 「三菱UFJ-VISA」

三菱UFJ銀行が直接発行しているクレジットカードです。

メイン銀行が三菱UFJ銀行だったこともあり発行したカードでしたが、使い勝手の良いカードとは言い難いものでした。

通常ですと1,000円で1ポイント貯まる還元率0.5%のカードですが、リボ払い設定でポイント2倍の1.0%になります。

200ポイントで1,000円の現金キャッシュバックなので、ポイントの使い勝手は抜群でした。

しかし、付帯されているPASMOは定期券の紐付けができない上に、オートチャージはポイントが貯まらないというデメリットがあります。

Suica付帯の三菱UFJ-VISAならオートチャージでポイント加算されるので、電子マネーとして利用したい方はそちらをオススメします。

ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード

ANAカードと三井住友カード、東急カードが提携して発行しているクレジットカードです。

WEB明細とリボ払い設定で、年会費を751円にすることが可能です。

ワールドプレゼント・TOKYU POINT・ANAマイルの3種類を貯めることができるのですが、ズボラな私とは相性が悪かったです。

また、定期券購入時のポイント還元は0.5%ですので、定期券の料金が高い方にはおススメできません。

その他マイルを貯められるカードとして『JALカード TOKYU POINT ClubQ』というカードもあります。

提携カードは東急百貨店のブライダルクラブ等、一部のサービスは使えませんのでご注意ください。

最後に

提携カードも利用してきましたが、実際に利用してみると最も使い勝手が良いカードはPASMO付きの東急カードです。

お出かけは東急カード1枚で済みますし、ポイントプログラムもシンプルでわかりやすく、還元率も申し分ないのでメインカードとして大活躍です。

本人または配偶者に安定継続収入のある18歳以上の方なら申し込みが可能ですので、専業主婦の方にも申し込み可能です。

東急カードはこんな人におすすめ
  1. 東急線沿線に住んでいる人
  2. 東急系列の店舗でよく買い物をする人
  3. お得なオートチャージ付きPASMOを探している人

高校生を除く18歳以上なら申し込み可能ですので、通学定期を購入している学生さんにもおすすめです。

東急線沿線に在住の方ならポイントを貯める機会も多いので、まだお持ちでない方は検討してみてはいかがでしょうか。

東急カードの詳細はこちら